So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

LS北見の銅メダルを見た後に「シムソンズ」を見ると泣ける! [北海道 北見]

このブログで8年前のバンクーバーオリンピックの試合を見た後に書いたブログを元に書いています。この記事はあまり読まれていませんので(笑)それを元に再編成しました。

今年の平昌冬季オリンピックでのLS北見の活躍は素晴らしかったですね。彼女たちの活躍でカーリングに興味を持った方も多いと思います。
そのカーリングと言えば、前回のオリンピックでも話題になった「チーム青森」の母体となった北海道常呂町のカーリングチームシムソンズです。そのシムソンズの実話をもとにしてできた映画がこの「シムソンズ」です。(かなり脚色が入っていますが...)
LS北見の吉田夕梨花さん(中学生?)が一瞬出てきます。

この映画を先ほど見直しました。途中から泣きながら見ていました。(^^)
シムソンズの実話を元にした作品ですが、本橋さんのLS北見の立ち上げからの話を知って、この映画を見ると見事にオーバーラップして感情移入して見てしまいます。

「スマイル」、「みんなを信じる」、「チームで点を取る」・・・ LS北見そのものに見えてしまします。

シムソンズの加藤ローサ、藤井美菜、星井七瀬、高橋真唯の4人の笑顔! いいですね~。
ただし、「そだね~」は出てきません。(笑)
加藤ローサが言うのは、「何とかなるっしょ!」ですね。こちらの方が元地元民には耳慣れています。

そして、最後がまた泣けてしまいます!!!

ぜひ、また多くの人に見て欲しいです。Youtube を見て、ぜひDVDを見て欲しいと思います!

ただし、一つ気になるのが、「シムソンズ」のライバルチームが「北見エンジェルス」なんです。(笑)

シムソンズ 通常版 [DVD]




この映画、青春映画の王道を行く、まったくのベタな展開の映画なのですが、北海道オホーツクの自然をバックに加藤ローサをはじめとしたシムソンズメンバーの若々しさがはじけています。
この後の作品の「キサラギ」もよかったですが、佐藤祐市監督は良い映画を撮りますね。
そして、なんと言ってもこの映画を盛り上げているのが、佐藤直紀さんの音楽です。↓↓↓

この「シムソンズ」のサントラの音楽でLS北見の活動や試合での活躍を再編集したら、感動的な作品になると思います。誰かやってくれませんかね~。

佐藤直紀さんは、ALWAYS 三丁目の夕日』の音楽も素晴らしかったですが、このシムソンズも最高です。(よくTVのBGMで使われています) ちなみに福山雅治のNHK大河ドラマ 「龍馬伝」の音楽も佐藤直紀です。これも印象的な音楽ですよね。

シムソンズのメンバー役は、加藤ローサ藤井美菜星井七瀬高橋真唯の4人でとっても良いです。特に唯一カーリング経験者の役で頑張った藤井美菜は私のお気に入りです。(笑) また、コーチ役の大泉洋がとっても良い味を出しています。
大泉洋と藤井美菜は最近一緒にヤクルトさんのCMに出ていますね。

この映画の舞台は、合併前の常呂町(今は北見市になっていましたが)ですが、サロマ湖やオホーツク海の自然をとってもきれいに撮ってくれていて、もと地元民としては感動ものです。でも、地元の北見に帰ってこの映画の話をしても誰も見ていなくてガッカリしましたが...。常呂町が町をあげて協力したのに北見市民はあまり興味を持っていなかったようですね。

カーリングと言えば、長野オリンピックで男子チームのスキップをつとめた敦賀信人さんも常呂町出身の漁師ということで話題になりましたが、この映画は加藤ローサがその「マサト様」にあこがれて同級生を誘ってカーリングのチームを作るという設定になっています。 ですので、予備知識が無くてもカーリングの基本的なルールや戦術に関してもこの映画を見ながら知ることができます。

高校生時代を思い出して元気をもらいたい人、オリンピックでカーリングを見て興味を持った人はぜひこの映画をごらんください!

nice!(4)  コメント(0) 

関東三大梅林の越生の梅を見る (2018年) [埼玉 越生]

今年も越生の梅林に行ってきました。
例年よりも遅めに行ったので、白梅はほぼ満開ですが、紅梅は終わり気味の状態でした。
3月18日の9時前に行きましたが、お客さんは少なかったですね。

白梅はほぼ満開でした。
DSCF7077.JPG
やはり紅梅がないとさびしいです。
DSCF7087.JPG
梅は枝ぶりが見どころですね。
DSCF7089.JPG
DSCF7094.JPG
DSCF7095.JPG
何の花でしょうね。きれいなので撮りました。
DSCF7096.JPG
紅白の梅の中で黄色い花が目立っています。
DSCF7101.JPG
桃色の枝垂れ梅です。
DSCF7106.JPG
やはり紅梅が良いですね。
DSCF7110.JPG
桃色の花もありました。
DSCF7118.JPG
紅白梅です。
DSCF7124.JPG
DSCF7146.JPG
DSCF7150.JPG
DSCF7151.JPG
白梅を青空のコントラストが良いですね。
DSCF7153.JPG
DSCF7208.JPG
DSCF7215.JPG

越生の梅林は気軽に行けるのは良いですね。
nice!(6)  コメント(0) 

カーリング女子の活躍で赤いサイロがブレイク! (2018年) [北海道 北見]

カーリング女子の活躍、興奮しましたね!
LS北見の活躍で、連日北見の紹介をTVでやっていました。特に話題になったのが、休憩時間に食べていた「赤いサイロ」です。この「赤いサイロ」は北見土産の定番です。2月の始めに北見に帰った時のお土産がこれです。
我が家はだいたいこのパターンが多いです。
IMG_3859.JPG
「赤いサイロ」は、北見の清月というお店のお菓子です。このブログでも「ミルミルミシル」のK-1グランプリで優勝した時に紹介しました。(http://shisui-shinsei.blog.so-net.ne.jp/2011-03-05
66697_183955448412999_928048389_n.jpg
これは、知床の道の駅に売っていた「赤いサイロ」です。冬季オリンピックの前だったので、普通に買う事ができました。
DSCF4756.JPG
女満別空港に着陸前の風景です。遠くに見えるのが白い流氷が漂うオホーツク海です。
DSCF6978.JPG
女満別周辺は雪でいっぱいでした。
DSCF6983.JPG
着陸前の飛行機の影です。
DSCF7002.JPG
最終日は吹雪でメルヘンの丘もこの状況でした。
DSCF7011.JPG
吹雪なのに何故かオホーツク海と斜里岳はきれいに見えました。
DSCF7024.JPG
網走のオホーツク流氷館にあった写真でした。(笑)
DSCF7025.JPG
網走の能取岬の流氷を見てきました。
DSCF7041.JPG
吹雪で寒かったですが、良い塩梅で海も見えていました。
DSCF7042.JPG

DSCF7045.JPG
能取岬と言えば、この白黒の灯台です。
DSCF7056.JPG
この灯台は嵐のJALのCMでも使われました。
IMG_3863.JPG
網走の二つ岩の海と流氷です。
DSCF7062.JPG
これは北浜付近の流氷です。
DSCF7064.JPG


nice!(6)  コメント(0) 

十限無(じゅげむ) 川越に美味しいお蕎麦のお店ができた! (2018年) [埼玉 川越]

昨年末に川越にできた「十限無」というお店です。
DSCF7306.JPG
川越の周辺、日高、坂戸、毛呂山などには美味しいお蕎麦屋さんが多いです。しかし、川越の町の中にはここだ、というお店が無いな~というのが個人的な感想です。(あくまでも私の好みの話です)

このお店があった場所には、以前「鎌倉」というお蕎麦屋さんがあって、定期的に通っていました。抹茶切りやゆず切りなどの変わり蕎麦、和スィーツが充実していて魅力的な店でした。
「鎌倉」が閉店になった後にお蕎麦屋さんが出来た事を小耳にはさんだので、一応覗いてみようかという気持ちでやってきました。
ちなみに、私は週に5日はお蕎麦を食べるくらいお蕎麦が大好きです。東京、埼玉周辺の美味しそうなお店にはできるだけ行っていますが、なかなか好みの蕎麦に出会えていません。(-_-;)

お店は、川越の喜多院の北、成田山別院の通り沿いにあります。向かいに川越銘菓の「くらづくり本舗」がありますので、分かりやすいと思います。
看板は変わっていますが、お店の外観は変わっていません。お店の中に入ると開店祝いのお花が飾ってあります。以前、私の定席だった(笑)カウンター席が無くなっていて、そこは厨房になっています。代わりに以前厨房だった部分がテーブル席になっています。
IMG_3864.JPG
IMG_3865.JPG
テーブル席に座ってメニューを眺めると、蕎麦にコダワリを感じます。
蕎麦へのコダワリを見るには、やはり「そばがき」です。「そばがき」と「十割そば切り」を頼みました。
大きめのそばがきの上に玄蕎麦がのっています。美味しそうです。
IMG_3875.JPG
柔らかくて美味しいそばがきです。蕎麦の風味も十分にあるしっかりとしたそばがきです。最近、私も家でそばがきを作っていますが、なかなかこのように美味しいそばがきは作れません。(^^)
IMG_3876.JPG
そばがきの薬味です。山葵がたっぷりと盛られています。
IMG_3877.JPG
先に蕎麦の薬味が用意されます。山葵は生山葵を自分で摺り下ろすタイプです。
つけ汁が絶品です! 出汁の香りが良く、返しとのバランスが良い重厚な味の汁です。
IMG_3920.JPG
蕎麦は大きなおしゃれな洋皿に盛られています。普通盛りですが、結構な盛りの良さです。
IMG_3922.JPG
かなりの細切りです。十割蕎麦でこの細切りには驚きました。そして、十割そばなのにきちんと繋がっていて切れていません。御主人の腕の良さを感じます。
蕎麦を食べると、風味と香りが口の中に広がります。本当に美味しい蕎麦です!
IMG_3923.JPG
これは野菜天ぷらです。丁寧に揚げられていて美味しいです。パキスタンの岩塩と藻塩が付きます。
IMG_3921.JPG
きざみ鴨きのこそばです。
IMG_3939.JPG
刻んだ鴨肉ときのこ、葱がたくさん入っています。鴨のもも肉を使っているとの事です。香りが良くて美味しそうな油が浮いています。
IMG_3940.JPG
辛味大根を使った「地獄そば」です。ぶっかけタイプで、つけ汁をかけて食べます。
IMG_3944.JPG

そばのアップです。たっぷりの辛味大根と甘めの油揚が良いアクセントになっています。
IMG_3945.JPG
たっぷりのつけ汁と梅干しが付きます。
IMG_3943.JPG

写真を見て分かるように、何度も通っています。(笑)
ちなみにご主人は、恵比寿の人気店「初代」をプロデュースした方だそうです。お店や料理の端々にそのセンスの良さが現れていますね。
川越の町中にも私の好みの蕎麦屋が見つかりました。お蕎麦好きの人には絶対お薦めのお店です。

十限無:川越市久保町6-6 Tel:049-277-5752


蕎麦の名店案内 首都圏版 (ぴあMOOK)蕎麦春秋(44) 2018年 02 月号 [雑誌]: 月刊リベラルタイム 増刊食べログBOOKS 蕎麦 (saita mook 食べログBOOKS)新版 おいしい蕎麦の店 首都圏版東京 五つ星の蕎麦


nice!(4)  コメント(0) 

東国三社を訪れる (2018年) [常陸国]

年末年始に東国三社を回ってきました。
東国三社とは、鹿島神宮、香取神宮、息栖神社(いきすじんじゃ)の三社です。鹿島神宮、香取神宮は有名ですよね。その昔、伊勢神宮以外では唯一の神宮の付く二社でした。息栖神社は、私も今回初めてに行きました。この三社は、地図上で見ると直角二等辺三角形になるそうです。

まずは、年末の香取神宮です。駐車場から参道を歩きます。
DSCF6481.JPG
入口の大鳥居です。
DSCF6483.JPG
総門の入口の鳥居です。参道脇に年末の出店の準備がされています。
DSCF6485.JPG
元禄13(1700)年造営の楼門です。重要文化財だそうです。
DSCF6488.JPG
夕陽を浴びている拝殿、本殿です。これも元禄13年造営で重要文化財です。
DSCF6494.JPG
参道の脇にある要石です。地震を起こす大鯰を抑えるための石で、鹿島神宮にもあります。
DSCF6501.JPG
参拝の後に、参道にある「岩立本店」のわらび餅セットです。このわらび餅はとても柔らかくて美味しいです!
1.JPG
息栖神社神社の二の鳥居です。
DSCF6567.JPG
参道を歩いて行きます。鹿島、香取の両神宮に比べると小さい神社です。
DSCF6572.JPG
参道にある神門です。
DSCF6577.JPG
本殿です。この神社は、天鳥船命 (あめのとりふねのみこと)という神が乗る船の神様が祀られています。
DSCF6579.JPG
最後は鹿島神宮です。参道です。
DSCF6591.JPG
大鳥居です。
DSCF6592.JPG
楼門です。
DSCF6594.JPG
楼門に掛けられている鹿島神宮の額です。
DSCF6597.JPG
本殿です。通常、神社は北側に参拝しますが、鹿島神宮は南側を向かって参拝することになります。
DSCF6599.JPG
奥宮に続く参道です。うっそうとした森の中を歩いて行きます。
DSCF6613.JPG
参道の突き当たりに鎮座する奥宮です。
DSCF6615.JPG
奥宮の拝殿です。
DSCF6614.JPG
奥宮から左側に下った所にある御手洗池です。
DSCF6619.JPG
参道脇にある「さざれ石」です。
DSCF6627.JPG
nice!(1)  コメント(0) 

富岡八幡宮を訪れる (2018年) [東京 江東区]

東京の門前仲町に行く用事がありましたので、ついでに富岡八幡宮に行ってきました。
富岡八幡宮と言えば、昨年末に凄惨な殺人事件があった事で有名になってしまった神社です。しかし、この神社は、
通称を「深川八幡宮」ともいう。
江戸最大の八幡宮で、八月に行われる祭礼「深川八幡祭り」は江戸三大祭りの一つ。
また江戸勧進相撲発祥の神社で、境内には「横綱力士碑」をはじめ大相撲ゆかりの石碑が多数建立されている。
という神社です。最近の大相撲のゴタゴタを考えても因縁のある神社のように見えます。
用事のついでに寄ったので、カメラは持っておらずiPhone6 Plus で撮影しました。

東西線の門前仲町で降りて、永代通りを東に歩くと神社の立派な鳥居が見えます。
IMG_3656.JPG
本当に立派な鳥居ですね~。
IMG_3659.JPG
一礼して鳥居をくぐり、参道を歩いて行くと奥に御本殿が見えます。
IMG_3660.JPG
まずは、手水舎でお清めします。
IMG_3661.JPG
あれ、水が出ていない! と思っていたら近づくと鳳凰の口から水が出てきました。どうやら人感センサーが付いているようです。それにしても見事な鳳凰です。
IMG_3662.JPG
やはり大きな神社ですので、お金がかかっています。
IMG_3832.JPG
立派な御本殿ですね。
IMG_3663.JPG
参道の脇に伊能忠敬の銅像があります。
伊能忠敬は、自宅が近くて蝦夷地に測量に出かける時に、この神社に参拝して無事を祈念したそうです。
IMG_3664.JPG
西参道から出て進むと、すぐ近くに深川不動堂があって参道があります。
IMG_3835.JPG
深川不動堂です。境内内は撮影禁止とのアナウンスが聞こえたので、外から中を撮影して帰りました。
深川不動堂は成田山新勝寺の東京別院との事です。成田山の本山が撮影OKなのになぜこのお寺が撮影禁止なのかは分かりません。そもそも、江戸時代に江戸から成田に行くのは遠いのでこの不動堂が建てられたようです。
今は電車も車も使えるので成田山の本山に行けば良いと思います。(笑)
IMG_3836.JPG
この参道を歩いてきたのは、ここが目的でした。甘味処「いり江」です。
IMG_3847.JPG
白玉クリームあんみつを食べました。濃厚なあずきと柔らかい白玉が美味しかったです。
IMG_3845.JPG

いろいろと文句も書きましたが、下町の風情を楽しむ事ができました。
nice!(3)  コメント(0) 

牛久大仏 を訪れる (2018年) [常陸国]

圏央道を川越から千葉に向かって走っていると、牛久を越えた辺りで、右側に大きな大仏が見えてきます。これが牛久大仏です
圏央道からは横向きの大仏様が見えます。
正式名称は牛久阿弥陀大佛だそうです。ブロンズ製の大仏で、全高120mで、ブロンズ像としては世界最大だそうです。これは行くまでは知らなかったのですが、浄土真宗東本願寺派本山東本願寺によって造られたそうです。
1.JPG
駐車場からの見た大仏様です。
DSCF6643.JPG
大仏様のお顔の模型と牛久大仏です。この模型の1,000個分のボリュームがあるそうです。
DSCF6659.JPG
大仏様に顔を出して頂きました。(^^)
DSCF6665.JPG
歩いている人の大きさと比べて見て下さい。
DSCF6671.JPG
近くに行くと見上げるほどの大きさです。
DSCF6678.JPG
せっかくなので胎内に入ってみました。入場料は800円で、靴を脱いで入ります。胎内に入らず、外だけ見る場合は500円です。
1Fの入口を入った所です。
DSCF6691.JPG
2Fからエレベーターで上がりますが、その途中です。
DSCF6694.JPG
2Fにいろいろと説明しているものがあります。
3.JPG
大仏の1/100の模型です。
DSCF6696.JPG
85mの高さまで上りました。上から下の参道を見るとこう見えます。
2.JPG
釈迦の聖地の地図です。
DSCF6702.JPG
3Fに降りて、蓮華蔵世界です。約3,400体の胎内仏が置かれています。
DSCF6704.JPG
DSCF6706.JPG
下から見上げると、手が落ちてきたらと不安になる位大きいです。(^^)
DSCF6710.JPG
成田空港が近いのでひっきりなしに飛行機が上空を通ります。
11.JPG
外国人の観光客も多かったですね。
DSCF6729.JPG

今回、初めて胎内まで入りました。成田山新勝寺もそうですが、やはり大きなお寺の施設はお金がかかっていますね~。東本願寺の大仏だけあってきちんと管理されていると感じました。説明の人もきちんと付いていますし、興味ある人には面白いと思います。
nice!(8)  コメント(2) 

成田山 新勝寺 を訪れる (2017年) [千葉 成田]

2017年の年末、千葉県の成田山の新勝寺に行ってきました。
新年の初詣には、300万人が訪れるそうです。
門前広場から見た総門です。高さ15mです。
2.JPG
仁王門です。年末なので、それほど人は多くありません。
DSCF6335.JPG
仁王門にある大きな提灯です。
DSCF6338.JPG
聖天堂です。
DSCF6316.JPG
釈迦堂です。
DSCF6319.JPG
光輪閣です。巨大です。地上4階、地下2階で、4階の「光輪の間」は、480畳で千数百人が入れるそうです。
DSCF6324.JPG
大本堂と三重塔です。大本堂は32.6mあります。
DSCF6341.JPG
鐘楼です。飾りが見事です。
DSCF6346.JPG
端正な三重塔です。高さは24mだそうです。
DSCF6347.JPG
屋根の下の飾りが見事です。こんな三重塔は初めて見ました。
DSCF6354.JPG
一切教堂です。
DSCF6351.JPG
内部には、八角形のの回転輪蔵があって回るそうです。
DSCF6352.JPG
額堂です。奉納された額や絵馬を飾る為のお堂だそうです。
DSCF6366.JPG
開山堂です。
DSCF6368.JPG
光明堂です。1701年建立の以前の本堂だそうです。
DSCF6371.JPG
巨大な平和大塔です。高さ58mもあります。日本で一番高い東寺の五重塔でも55mですが、それよりも高いです。1Fの塔内には成田山関連の浮世絵(歌舞伎関連)などが展示されています。
バブル前夜の1984年に約350億円の費用で建立したそうです。
DSCF6385.JPG
下から見るとやはり大きいです。
DSCF6393.JPG
成田山公園への階段の下から撮影しました。
DSCF6401.JPG
醫王殿(いおうでん)です。成田山開基1,080年を控え、2017年11月28日に落慶法要を行ったそうです。
DSCF6406.JPG
成田空港が近いので、5分おきくらいに各国の飛行機が通ります。
1.JPG
称徳太子堂です。1992年建立との事です。八角形の夢殿を模しています。
DSCF6452.JPG
出世稲荷です。手前のお店でお揚げと蝋燭を買ってお供えしました。
DSCF6426.JPG
参道にかかっている提灯です。
DSCF6423.JPG

初めて新勝寺に行きましたが、さすがに初詣に300万人が来るお寺です。どの建物も立派で大きいですね。実はあまり期待していなかったのですが、興味深く参拝しました。
平和大塔の大きさと、聖徳太子堂があることには驚きました。

nice!(7)  コメント(0) 

ドイツ村のイルミネーションを楽しむ! (2017年) [千葉 袖ケ浦]

毎年、この時期になると「あしかがフラワーパーク」のイルミネーションを見に行っていました。足利のイルミネーションは人気が高くて素晴らしいのですが、毎年見ていると他の場所も見て見たくなりました。
そこで、今年は千葉県にある「東京ドイツ村」に行く事にしました。
行った事のある友人に聞くと「あそこは東京ではないし、ドイツでもない!」と言われましたが(笑)、イルミネーションの評判は高いので行く事にしました。

Webで情報を見ると駐車場は、暗くなってくる頃から混みだすとの事なので、15時頃に入るように行きました。15時過ぎると駐車場代2,500円を払います。乗っている人は何人でも同じ額ですので、沢山乗って行った方が安くて良いですね。
明るいと、どこがイルミネーションになるのか分からないため、取り合えず観覧車の近くに停めました。
DSCF6087.JPG
暗くなるまでカフェでコーヒーとケーキを頂きながら時間を潰します。
DSCF6093.JPG
だんだん暗くなってきました。
DSCF6099.JPG
17時頃からライトアップされてきました。
DSCF6114.JPG
この広場の風景が…
DSCF6093.JPG
このようにライトアップされます。同じ場所とは思えませんね!
DSCF6115.JPG
DSCF6141.JPG
きれいですね~。
DSCF6142.JPG
どんどん人が増えてきました。
DSCF6149.JPG
DSCF6151.JPG
なかなか良い雰囲気です。
DSCF6168.JPG
きれいなイルミネーションの中をたくさんの人が歩いています。
DSCF6181.JPG
ここは広いので、いろいろなライトアップを楽しむ事ができます。
DSCF6204.JPG
DSCF6229.JPG
DSCF6233.JPG
DSCF6238.JPG
ライトアップの中を歩いて行きます。
DSCF6244.JPG
DSCF6265.JPG
DSCF6270.JPG
最後に観覧車に乗って上からの景色を楽しみました。結構並んでいましたが、30分待ちで乗る事ができました。
DSCF6283.JPG
観覧車は500円なので混んでいなければお勧めですね。
DSCF6290.JPG
観覧車を降りて、18時過ぎには満足して帰りました。
帰る時に、これから入場する車で渋滞していました。混んでいる時は帰る時にも渋滞するそうなので早く行って早く帰るのが正解でしたね。

ドイツ村のイルミネーションは素晴らしいですね!足利フラワーパークも良いですが、こちらの方が広いエリアがライトアップされているので、歩いて眺めながら楽しむ事ができますね。

nice!(5)  コメント(2) 

広島での不思議な体験 (2017年) [広島]

今回は、広島で経験した不思議な話を紹介します。
最初のおことわりしておきますが、今回の旅行で泊ったホテルはとても快適で、以下に書くような不思議な体験はありましたが、ホテルや部屋で恐怖体験やいやな体験はしていません。
今後、もし広島に行く機会があればまた同じ部屋に泊りたいと思っているくらい快適でした。

IMG_3334.PNG
今回の旅行の写真の整理やブログが書いている時に、「ホテルに何時に着いたか」、「何時に食事に行ったか」を調べるために、iPhoneに入れてあるトリップアドバイザーのソフトにあるタイムラインを使っています。

例えば、左に示すような感じで表示されます。
スマホを持って移動すれば、内蔵されているGPSのデータと地図データを使って、目的地への到着時間と出発時間が記載されています。

表示したのは、11月27日(月)の旅行の出発した日のタイムラインです。

それぞれのポイント、例えば「本川越駅」をクリックすると、「6:09~6:22」と表示されて滞在時間が分かりますので、後で確認する時にはとても便利です。

ただし、ご存じのように現状のGPSの精度はあまり高くありませんので、左の例で言うと「出雲大社前駅」の所に、
「こちらを訪れましたか?」と出ていますが、このように確認してきます。
「× いいえ」を押すと、付近のお店やスポットが出て来るので選択して正しい場所を入れる事ができます。

IMG_3299.PNGさて、ここからが本題です。

左のタイムラインを見て下さい。
これは、広島のホテルに泊まった次の日のタイムラインです。
この下にもまだ続いています。

「あれ? 原爆ドームは行っていないけどな~」と思って時間を見てみると、「0時30分~1時03分」となっています!
これには驚きました。というのは、この日スマホに充電器につないで0時30分に寝ていたからです。
つまり、タイムラインに出ているのは私が寝ている間の行動と言う事になります。

他の場所と時間をまとめたのが、下の表です。
広島に行った事がない方は、土地勘が無いと思いますので、Google Mapに地図に場所を黄色いラベルを貼っておきました。
ご覧のように結構広い範囲で移動している事が分かると思います。
(見にくい場合は、クリックして拡大して下さい)
gazou.JPG





表の滞在地を見ると「原爆ドーム」が多いですね。

最初は、私が寝ている間に徘徊オヤジになったのか? と思いました。(笑) しかし、11月下旬の寒い時期に、ホテルの部屋着で出かける事も考えにくいし、着替えを行った形跡もありません。また、最近は普段でもスマホを持っていくのを忘れる事が多いのに、徘徊する時にきちんとスマホを持って行ったとはどう考えてもあり得ないです。(^^)

それでは、誰かがスマホを持ちだして私が起きる前に戻しておいたのでしょうか? 私が途中で起きる可能性もありますので、それも考えにくいです。

一番考えられるのは、この場所がGPSの衛星の電波が切り替わりやすい場所で、その切り替わりの誤差が移動した事になって表示された、という仮説でしょうか。
ただし、少し前に、原爆ドーム付近で夜中にポケモンGOをやっている事が話題になった事がありますが、GPSの誤差の件はあまり話題になっていないので、その仮説もよく分かりません。

とにかく不思議な体験ですね。
近いうちに、また同じホテルに泊まって再現実験をしてみたいものです。

nice!(5)  コメント(0) 
前の10件 | -