So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

成田山 新勝寺 を訪れる (2017年) [千葉 成田]

2017年の年末、千葉県の成田山の新勝寺に行ってきました。
新年の初詣には、300万人が訪れるそうです。
門前広場から見た総門です。高さ15mです。
2.JPG
仁王門です。年末なので、それほど人は多くありません。
DSCF6335.JPG
仁王門にある大きな提灯です。
DSCF6338.JPG
聖天堂です。
DSCF6316.JPG
釈迦堂です。
DSCF6319.JPG
光輪閣です。巨大です。地上4階、地下2階で、4階の「光輪の間」は、480畳で千数百人が入れるそうです。
DSCF6324.JPG
大本堂と三重塔です。大本堂は32.6mあります。
DSCF6341.JPG
鐘楼です。飾りが見事です。
DSCF6346.JPG
端正な三重塔です。高さは24mだそうです。
DSCF6347.JPG
屋根の下の飾りが見事です。こんな三重塔は初めて見ました。
DSCF6354.JPG
一切教堂です。
DSCF6351.JPG
内部には、八角形のの回転輪蔵があって回るそうです。
DSCF6352.JPG
額堂です。奉納された額や絵馬を飾る為のお堂だそうです。
DSCF6366.JPG
開山堂です。
DSCF6368.JPG
光明堂です。1701年建立の以前の本堂だそうです。
DSCF6371.JPG
巨大な平和大塔です。高さ58mもあります。日本で一番高い東寺の五重塔でも55mですが、それよりも高いです。1Fの塔内には成田山関連の浮世絵(歌舞伎関連)などが展示されています。
バブル前夜の1984年に約350億円の費用で建立したそうです。
DSCF6385.JPG
下から見るとやはり大きいです。
DSCF6393.JPG
成田山公園への階段の下から撮影しました。
DSCF6401.JPG
醫王殿(いおうでん)です。成田山開基1,080年を控え、2017年11月28日に落慶法要を行ったそうです。
DSCF6406.JPG
成田空港が近いので、5分おきくらいに各国の飛行機が通ります。
1.JPG
称徳太子堂です。1992年建立との事です。八角形の夢殿を模しています。
DSCF6452.JPG
出世稲荷です。手前のお店でお揚げと蝋燭を買ってお供えしました。
DSCF6426.JPG
参道にかかっている提灯です。
DSCF6423.JPG

初めて新勝寺に行きましたが、さすがに初詣に300万人が来るお寺です。どの建物も立派で大きいですね。実はあまり期待していなかったのですが、興味深く参拝しました。
平和大塔の大きさと、聖徳太子堂があることには驚きました。

nice!(6)  コメント(0) 

ドイツ村のイルミネーションを楽しむ! (2017年) [千葉 袖ケ浦]

毎年、この時期になると「あしかがフラワーパーク」のイルミネーションを見に行っていました。足利のイルミネーションは人気が高くて素晴らしいのですが、毎年見ていると他の場所も見て見たくなりました。
そこで、今年は千葉県にある「東京ドイツ村」に行く事にしました。
行った事のある友人に聞くと「あそこは東京ではないし、ドイツでもない!」と言われましたが(笑)、イルミネーションの評判は高いので行く事にしました。

Webで情報を見ると駐車場は、暗くなってくる頃から混みだすとの事なので、15時頃に入るように行きました。15時過ぎると駐車場代2,500円を払います。乗っている人は何人でも同じ額ですので、沢山乗って行った方が安くて良いですね。
明るいと、どこがイルミネーションになるのか分からないため、取り合えず観覧車の近くに停めました。
DSCF6087.JPG
暗くなるまでカフェでコーヒーとケーキを頂きながら時間を潰します。
DSCF6093.JPG
だんだん暗くなってきました。
DSCF6099.JPG
17時頃からライトアップされてきました。
DSCF6114.JPG
この広場の風景が…
DSCF6093.JPG
このようにライトアップされます。同じ場所とは思えませんね!
DSCF6115.JPG
DSCF6141.JPG
きれいですね~。
DSCF6142.JPG
どんどん人が増えてきました。
DSCF6149.JPG
DSCF6151.JPG
なかなか良い雰囲気です。
DSCF6168.JPG
きれいなイルミネーションの中をたくさんの人が歩いています。
DSCF6181.JPG
ここは広いので、いろいろなライトアップを楽しむ事ができます。
DSCF6204.JPG
DSCF6229.JPG
DSCF6233.JPG
DSCF6238.JPG
ライトアップの中を歩いて行きます。
DSCF6244.JPG
DSCF6265.JPG
DSCF6270.JPG
最後に観覧車に乗って上からの景色を楽しみました。結構並んでいましたが、30分待ちで乗る事ができました。
DSCF6283.JPG
観覧車は500円なので混んでいなければお勧めですね。
DSCF6290.JPG
観覧車を降りて、18時過ぎには満足して帰りました。
帰る時に、これから入場する車で渋滞していました。混んでいる時は帰る時にも渋滞するそうなので早く行って早く帰るのが正解でしたね。

ドイツ村のイルミネーションは素晴らしいですね!足利フラワーパークも良いですが、こちらの方が広いエリアがライトアップされているので、歩いて眺めながら楽しむ事ができますね。

nice!(5)  コメント(2) 

広島での不思議な体験 (2017年) [広島]

今回は、広島で経験した不思議な話を紹介します。
最初のおことわりしておきますが、今回の旅行で泊ったホテルはとても快適で、以下に書くような不思議な体験はありましたが、ホテルや部屋で恐怖体験やいやな体験はしていません。
今後、もし広島に行く機会があればまた同じ部屋に泊りたいと思っているくらい快適でした。

IMG_3334.PNG
今回の旅行の写真の整理やブログが書いている時に、「ホテルに何時に着いたか」、「何時に食事に行ったか」を調べるために、iPhoneに入れてあるトリップアドバイザーのソフトにあるタイムラインを使っています。

例えば、左に示すような感じで表示されます。
スマホを持って移動すれば、内蔵されているGPSのデータと地図データを使って、目的地への到着時間と出発時間が記載されています。

表示したのは、11月27日(月)の旅行の出発した日のタイムラインです。

それぞれのポイント、例えば「本川越駅」をクリックすると、「6:09~6:22」と表示されて滞在時間が分かりますので、後で確認する時にはとても便利です。

ただし、ご存じのように現状のGPSの精度はあまり高くありませんので、左の例で言うと「出雲大社前駅」の所に、
「こちらを訪れましたか?」と出ていますが、このように確認してきます。
「× いいえ」を押すと、付近のお店やスポットが出て来るので選択して正しい場所を入れる事ができます。

IMG_3299.PNGさて、ここからが本題です。

左のタイムラインを見て下さい。
これは、広島のホテルに泊まった次の日のタイムラインです。
この下にもまだ続いています。

「あれ? 原爆ドームは行っていないけどな~」と思って時間を見てみると、「0時30分~1時03分」となっています!
これには驚きました。というのは、この日スマホに充電器につないで0時30分に寝ていたからです。
つまり、タイムラインに出ているのは私が寝ている間の行動と言う事になります。

他の場所と時間をまとめたのが、下の表です。
広島に行った事がない方は、土地勘が無いと思いますので、Google Mapに地図に場所を黄色いラベルを貼っておきました。
ご覧のように結構広い範囲で移動している事が分かると思います。
(見にくい場合は、クリックして拡大して下さい)
gazou.JPG





表の滞在地を見ると「原爆ドーム」が多いですね。

最初は、私が寝ている間に徘徊オヤジになったのか? と思いました。(笑) しかし、11月下旬の寒い時期に、ホテルの部屋着で出かける事も考えにくいし、着替えを行った形跡もありません。また、最近は普段でもスマホを持っていくのを忘れる事が多いのに、徘徊する時にきちんとスマホを持って行ったとはどう考えてもあり得ないです。(^^)

それでは、誰かがスマホを持ちだして私が起きる前に戻しておいたのでしょうか? 私が途中で起きる可能性もありますので、それも考えにくいです。

一番考えられるのは、この場所がGPSの衛星の電波が切り替わりやすい場所で、その切り替わりの誤差が移動した事になって表示された、という仮説でしょうか。
ただし、少し前に、原爆ドーム付近で夜中にポケモンGOをやっている事が話題になった事がありますが、GPSの誤差の件はあまり話題になっていないので、その仮説もよく分かりません。

とにかく不思議な体験ですね。
近いうちに、また同じホテルに泊まって再現実験をしてみたいものです。

nice!(5)  コメント(0) 

下関 角島 - 長府 を楽しむ。(2017年) [広島]

11月27日から3日間、山陽、山陰を回ってきました。
主目的は出雲大社に参拝することです。羽田空港から米子鬼太郎空港に飛んで、レンターカーを使って最終的には下関まで行って宇部山口空港から帰る予定です。

三日目は、門司港から下関に入って、一路角島を目指します。
ホテルは、プレミアホテル門司港に泊りました。10年前に来た時は、門司港ホテルでしたが、名前が変わっていました。
ホテルの部屋から関門海峡を眺めます。この日は朝から雨で、霧がかかっていました。右側に関門橋が見えます。
DSCF5928.JPG
写真家のケント白石さんのFacebookで福徳稲荷神社の写真が載っていたので、行ってきました。この神社は角島に行く途中にあります。朱塗りの本殿が美しいです。足利の織姫神社に良く似ています。
DSCF5931.JPG
丘の上にあるので、ここから見える海がきれいなのですが、この日は雨でだめでした。
DSCF5932.JPG
1,000本鳥居です。実際には1,000本以上あるそうです。先まで歩いて降りると海がきれいに見えるそうです。この日は雨なので行きませんでした。
DSCF5946.JPG
この日のメインの目的だった角島です。
しかし、雨が降っていてきれいな色が見られませんでした。残念です...。(-_-;)
DSCF5949.JPG
10年前に撮影した角島です。この色をもう一度見たかったのですが...。
DSCF0505.JPG
もう一つの目的の元隅乃稲荷神社に行ってきました。ここの1,000本鳥居と青い海の風景が有名です。この日は海の色はダメですが、きれいな鳥居は見ることができました。
DSCF5957.JPG
この風景は、CNNが選んだ「日本の美しい風景31選」に入っているそうです。この鳥居は、実際には123本しかないそうですが。(^。^)
DSCF5971.JPG
下関に戻ってきました。雨が上がっていたので幕末維新にゆかりの深い長府の街を散策しました。
最初は忌宮神社です。この神社は、仲哀天皇、神功皇后、応神天皇が祭神として祀られています。
DSCF5979.JPG
境内には、鳩だけでなく鶏がたくさんいました。
1.JPG
仲哀天皇が討った新羅国の塵輪の首を埋めて覆った石だそうです。
DSCF5983.JPG
忌宮神社に隣接して乃木神社があります。乃木神社の参道に続く道は、「乃木さん通り」と言うのですね。乃木大将がみんなに親しまれている証ですね。
DSCF5998.JPG
乃木神社の鳥居です。紅葉がきれいでした。
DSCF6001.JPG
乃木神社の本殿です。
DSCF6004.JPG
毛利邸に続く古江小路の石垣と紅葉がきれいでした。長府のこの景色を見たかったんですよね~。
DSCF6016.JPG
高杉晋作が決起した功山寺に来ました。近くには晋作もちを売っているお店がありました。
DSCF6029.JPG
功山寺の入口です。
DSCF6031.JPG
境内の中は紅葉がきれいでした。
DSCF6040.JPG
本堂です。
DSCF6043.JPG
天気が良ければもっときれいだったでしょうね~。
DSCF6047.JPG
DSCF6050.JPG
功山寺の向かいに、下関市歴史博物館ができていました。
DSCF6053.JPG
長府の毛利邸です。
DSCF6059.JPG
門をくぐると初代長府藩主毛利秀元公の像があります。
3.JPG
時間が無くて中に入れなかったので、外から紅葉を撮りました。
DSCF6058.JPG
自動販売機に「下関 幕末維新村物語」と書いてあります。
DSCF6060.JPG

あいにくの雨で角島は残念でしたが、長府の散策は紅葉がきれいで楽しむ事ができました。
今回の旅は、とても充実していて楽しかったですね。レンタカーは、3日間で1,000Kmをオーバーしました。(^^)
nice!(7)  コメント(0) 

しまなみ海道 - 厳島神社 を楽しむ。(2017年) [広島]

11月27日から3日間、山陽、山陰を回ってきました。
主目的は出雲大社に参拝することです。羽田空港から米子鬼太郎空港に飛んで、レンターカーを使って最終的には下関まで行って宇部山口空港から帰る予定です。

一日目は、出雲大社から高速を使って広島に泊りました。
広島城のそばにあるリーガロイヤルホテル広島に泊りました。部屋からの眺めです。中央部にある円形の広い空間は何んだろうと不思議に思いました。もしかして原爆の爆心地の跡? と思って調べたら、旧広島市民球場の跡だそうです。この跡地から150mくらい南に原爆ドームがあって、その100mくらい東側が爆心地のようです。
DSCF5702.JPG
電波塔と建物の間に原爆ドームが見えます。
DSCF5708.JPG
さらにズームアップしました。原爆の威力を考えると、このホテルも爆心地のすぐ近くにあると言えますね。
DSCF5711.JPG
私の立てた計画では、広島から呉の大和ミュージアムに行く予定でしたが、奥さんに却下されて、急遽しまなみ海道を通って今治に行く事になりました。広島-今治は約150Kmあります。午後は、厳島神社に行く予定ですので、同じ道を往復する事になり、午前中に300Km走る事になります。(-_-;)
DSCF5726.JPG
でもまあ、天気も良くなったので、行って良かったです。少し霞みがかかっていましたが、きれいに見えました。しまなみ海道にかかる橋は5本とも違う形式の橋なので見ていてあきませんね。
DSCF5732.JPG
今治に渡る最後の来島海峡大橋です。世界初の3連吊り橋で全長は4,105mもあります。走っていても、結構アップダウンがあって、「この橋はどこまで続くんだ?」と思うほどの長さです。
DSCF5738.JPG
さて、その後広島に戻り、宮島の厳島神社に行ってきました。宮島口からフェリーに乗って約10分で到着です。
DSCF5754.JPG
宮島のフェリー乗り場の近くにある芝生で鹿がお出迎えです。ここの鹿は大人しいですね~。
DSCF5775.JPG
朝から食べずに走ってきたので、まずはお昼です。宮島に来たら牡蠣ですね。「牡蠣屋」で生牡蠣を頂きました。
DSCF5778.JPG
これは牡蠣屋定食です。これにさらに焼牡蠣が付きます。
DSCF5780.JPG
いよいよ厳島神社です。入口の石鳥居です。
DSCF5790.JPG
神社内も鹿が沢山います。目線をくれました。(^ 。^)
1.JPG
厳島神社のシンボルである大鳥居です。
DSCF5798.JPG
途中の回廊から見た大鳥居です。
DSCF5825.JPG
朱塗りの廊下が見事ですね。
DSCF5833.JPG
客(まろうど)神社の祓殿、拝殿と五重塔です。
DSCF5837.JPG
境内の一番突端にある平舞台から見た大鳥居です。ここは撮影スポットで混んでいました。
DSCF5839.JPG
祓殿から見た大鳥居です。
DSCF5842.JPG
境内を出た、帰り道の反橋、五重塔と紅葉です。
DSCF5866.JPG
朱塗りの五重塔です。
DSCF5876.JPG
帰りのフェリーから見た夕日です。
DSCF5885.JPG
さて、この日は九州の門司に泊る予定です。山陽、中国自動車道を使って約180Kmです。
門司港は、レトロ感をアピールした「門司港レトロ」を売りにしています。
林芙美子記念室、アインシュタインメモリアルルームの看板がありました。
DSCF5904.JPG
上の看板は、三井俱楽部のもので、アインシュタインが泊ったそうです。
DSCF5901.JPG
旧大阪商船のビルです。レトロ感があります。
DSCF5898.JPG

この日は、広島 ⇒ しまなみ海道 ⇒ 今治(四国) ⇒ しまなみ海道 ⇒ 厳島神社 ⇒ 門司港(九州) と走ったので、結局500Kmを走りました。結構疲れました。一日で本州、四国、九州を走破したことになります。(笑)

しまなみ海道に行くのであれば、尾道辺りで泊っていればもっと楽でしたね。
関東の方はイメージが湧かないと思います。例えて言うと、、
「川越から諏訪大社に行って川越に戻って、それから那須高原に行く」、ことを考えるとその無駄さ加減が理解頂けると思います。 (^。^)
nice!(3)  コメント(0) 

足立美術館 - 出雲大社 を楽しむ。(2017年) [島根 出雲]

11月27日から3日間、山陽、山陰を回ってきました。
主目的は出雲大社に参拝することです。羽田空港から米子鬼太郎空港に飛んで、レンターカーを使って最終的には下関まで行って宇部山口空港から帰る予定です。

羽田を離陸した時は天気が良かったです。
H1.JPG
普段は飛行機を乗るのは北海道ばかりですので、米子空港はとても近く感じました。
DSCF5414.JPG
米子線は、所沢上空を通るので、私の住んでいる川越の上を通ります。左下に見える滑走路は、先日航空祭で行った入間基地です。その右上には、安部首相とトランプ大統領がゴルフを行った霞が関カンツリー俱楽部が見えます。
H2.JPG
米子空港から庭園で有名な足立美術館へ行きました。この美術館の庭園は、米国の雑誌『数寄屋リビング/ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』で14年連続で日本一になっていて、ミシュラングリーンガイドでも三つ星を獲得しています。入場料は、一人2,300円とかなり高いです。
DSCF5497.JPG
ちょうど紅葉が見ごろでした。
DSCF5505.JPG
DSCF5506.JPG
これが有名な庭園です。確かに素晴らしい庭園です。もう少し赤や黄色があれば最高でしたね。平日のお昼頃でしたが、中国の方々のツアー客が来ていてなかなか窓際のポジションが取れません。(^^)
DSCF5519.JPG
途中に庭園を眺められるカフェ「喫茶室 翆」があります。窓際の席が空いていたので入りました。このカフェは庭園の景色を邪魔されずに眺めることができます。ただし、その分だけ高いです。(笑) コーヒー、オレンジジュースなどすべて1,000円です。白玉クリームあんみつを食べましたが、コーヒーを付けると一人2,000円、二人で4,000円になるので、我慢しました。味は普通に美味しいです。この景色と高価な調度品の値段が加味されているのでしょう。
DSCF5533.JPG
こちらは反対側の景色で池があります。
DSCF5561.JPG
この美術館には、横山大観、竹内栖鳳、魯山人などの良いコレクションが揃っているので、それを見るだけでも良いですね。入場料2,300円の半分は、美術品、半分は景色の値段と考えると納得感はあります。
DSCF5575.JPG
足立美術館から高速を使って1時間くらいで、出雲大社に着きました。本当は、お昼に出雲蕎麦を食べてから行く予定でしたが、遅くなりそうなのでお昼抜きで行きました。勢溜(せいだまり)の大鳥居です。風格があります。
DSCF5598.JPG
参道は、鳥居をくぐってからかなり下ります。
DSCF5603.JPG
途中にある中の鳥居です。参道は、鳥居の両側の外を通るように通路があります。
DSCF5607.JPG
銅鳥居です。
DSCF5613.JPG
拝殿です。
DSCF5615.JPG
DSCF5619.JPG
出雲大社は、平安時代には48mの高さがあって奈良の東大寺よりも大きいと言われていました。従来、これはあり得ないと言われていましたが、近年このように1mくらいの太い柱が3本束ねられた遺構が発見されて、実際に高層建築であった可能性が出てきました。
DSCF5632.JPG
旧暦の神無月は、全国の神様が出雲に集まります。逆に出雲には神様が集まっているので神在月と言われています。
DSCF5635.JPG
本殿です。
DSCF5643.JPG
本殿を真裏から撮影したものです。小さなウサギの像が見えます。
DSCF5648.JPG
大国主の像です。
DSCF5679.JPG
境内の中にはいたる所にウサギの像があります。隠れミッキーを探すようにウサギさんを探すのも楽しいです。
DSCF5684.JPG
DSCF5690.JPG
帰る頃には日が落ちていました。
DSCF5697.JPG
すでに15時を回っていたので、出雲蕎麦のお店はほとんどお休みでした。参道にある「ぜんざい学界」の焼き餅の入ったぜんざいです。カリカリに焼いた表面と、柔らかいお餅のコントラストが素晴らしいです。これは絶品ですね。
IMG_3193.JPG

一日目は、出雲から広島まで高速を使って走って泊りました。
nice!(1)  コメント(0) 

日光東照宮を訪れる (2017年) [栃木 日光]

2017年8月17記載です。
夏休みに日光の東照宮に行ってきました。
川越の自宅を日曜日の朝7時過ぎに家を出て、東照宮には9時過ぎに着きました。約110Kmの距離です。途中の道では天気が悪くて、時々雨がパラついていましたが東照宮では雨は止んでいました。

東照宮の参道の入口です。うっそうとして森の中を進む感じです。まだ人は少ないですね。
DSCF3097.JPG
入口すぐの右側に日光山輪王寺があります。輪王寺は、平成大修理中でした。
DSCF3098.JPG
葵の紋がひときわ光っています。
DSCF3107.JPG
五重塔は、入口の石鳥居をくぐってすぐ左側にあります。
DSCF3112.JPG

























境内を回った帰り(10時半頃)には、人が溢れていました。
DSCF3229.JPG
「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻で有名な神厩舎・三猿です。
DSCF3126.JPG
想像していたよりも、小さいです。高い所にあるので見づらいです。
1.JPG
正面に見えるのが国宝の陽明門です。
DSCF3141.JPG
この陽明門は、500以上の彫刻がほどこされているそうです。
DSCF3158.JPG
坂下門にある左甚五郎作の「眠り猫」です。思った以上に小さいです。(^^)
2.JPG
奥宮に上がる急な階段です。
DSCF3165.JPG
奥宮の拝殿です。畏れ多いので正面から撮れませんでした。
DSCF3176.JPG
坂下門をくぐって家康の墓所である奥宮へ。奥宮の宝塔です。
DSCF3171.JPG
奥宮から境内の戻る時に見える黄金の屋根です。
DSCF3179.JPG
拝殿前の唐門(国宝)です。
DSCF3187.JPG
正面が鳴き龍で有名な本地堂です。右側に見える回廊は、見事な透かし彫りがほどこされていて国宝になっています。
DSCF3201.JPG
DSCF3191.JPG
陽明門の豪華で見事な飾りです。
DSCF3194.JPG
真っ白な獅子が見事でした。
DSCF3199.JPG
入口の五重塔のある広場に出ました。1時間半程度で回ることができます。
DSCF3228.JPG

日曜日でしたが9時頃に行ったので、それほど混んでいませんでした。
帰る頃には、かなり人が増えていまいした。行く場合には、早めに行く事をお勧めします。
川越、久能山の東照宮は見ていますが、やはり日光は別格ですね!

ちなみに、三大東照宮と言った場合、日光、久能山は決まりですが、残りの一つは地域によって違うようです。埼玉では、川越の仙波東照宮が三大東照宮の一つと言われています。仙波東照宮では、久能山から日光まで家康の遺体を運ぶ途中に川越で天海僧正が4日間丁重な法要を行ったと言われていますので、残りの候補としては一番妥当性があるように思います。(^^)
nice!(2)  コメント(0) 

ツバメの子供達の可愛さにメロメロ! (2017年) [栃木 佐野]

2017年7月9日記載。
たまたま佐野にある某喫茶店の入口にツバメの巣があって、ヒナが顔を出しているのに気が付きました。5羽のかわいいヒナが大きな黄色い口を開けてエサをねだっています。しばらく見ていると、親ツバメがトンボを丸のままヒナに与えています。写真に撮ろうと思いましたが、エサを与えるのは本当に一瞬です。
その一瞬を逃すと、親はすでに飛び去っています。でも、親ツバメはすごいです。ほんの2、3分でまたトンボを口にくわえて別にヒナに与えています。ずっと見ていても飽きないです。

最初は、35㎜換算で35㎜のレンズしか持っていなかったので、できるだけ近づいて撮影しました。
5羽のヒナがエサを待っています。
TSS1.JPG
親ツバメがやってきました。カメラを構えているこちらを警戒して見ています。
TSS2.JPG
トンボを丸ごと口の中に入れています。
TSS3.JPG
その後、親ツバメはすぐに飛び去ってしまいます。
TS1.JPG
それから6日経ちました。すっかり大きくなっています。大きさで言うと親ツバメよりも大きいくらいですが、頭に産毛が残っています。
TS8.JPG
ヒナも体が大きくなっていますので、エサをやる時親ツバメの口もほどんどヒナに食べられています。(笑)
TS13.JPG
一回ごとに違うヒナに餌を与えているのはすごいと思いました。
TS9.JPG
毎回親ツバメは顔を食べられるので、顔の毛が薄くなるそうです。(笑)
TS10.JPG
こちらは、東北道の下りの佐野SAの女子トイレの入口の上にいたヒナ達です。5羽そろってエサを待っています。
TS2.JPG
トイレに入る女性陣から「かわいい~っ!」の歓声が上がります。
TS7.JPG
男性たちも立ち止まってニッコリとする可愛さです! ヒナの顔が全部違うのが可愛いですね。
TS12.JPG
こちらは同じトイレ前にある別の巣です。こちらは3羽しかいません。
DSCF2701.JPG
飛びながらエサを与える技を使っています。
DSCF2674.JPG
何度見ても可愛いですね! 来年が楽しみになってきました。
TS11.JPG
これまで、ツバメのヒナは見た事はありますが、これほど可愛いものとは思いませんでした。
これは嵌りますね! 今回は、ツバメのヒナを見るために2週続けて佐野まで通ってしまいました。(笑) でも、ヒナは一日一日大きくなりますので、1週間経つと大きくなりすぎて全然だめですね。もっと毎日通える場所で探す必要がありますね。来年の楽しみが増えました。(^^)

YouTubeにエサやりの動画があったので紹介します。これも可愛いですね!

nice!(1)  コメント(0) 

巾着田で500万本の曼珠沙華を見る(2017年) [埼玉 日高]

今年も曼珠沙華の季節になってきました。

台風が心配された三連休の初日の9月16日に日高の巾着田に行ってきました。今年は、開花が連休とうまく合わない可能性がありますね。
今年は例年よりも少し早目に、5時半に家を出て、巾着田の駐車場が開く6時前に着きました。2番目でした。
車を置いて勢い込んで園内に入ると、すでに沢山のカメラを持った人たちが...。(あれ?) そうか! 自転車や歩いてくればもっと早く入園できるということですね。勉強になります。

HPを見ると、3分咲きということで、確かにまだ満開とは言えません。
DSCF3756.JPG
曇りなので少し暗いですね。
DSCF3754.JPG

DSCF3781.JPG
DSCF3776.JPG
真っ赤な花の中で白い花は目立ちます。
DSCF3768.JPG
DSCF3886.JPG
ここは広いので、川の上流の方から咲き始めて下流が咲いて行きます。下流の方は、ほとんど咲いていない場所もあります。
DSCF3864.JPG
下流の土手に咲いている白と赤の花がきれいでした。
DSCF3868.JPG
もう一度上流の方に戻って撮影です。
DSCF3915.JPG
DSCF3894.JPG
最後に白い花を一枚。
DSCF3907.JPG



























雨が振らなければ18日にも再度行く予定です。
日が照ってくれるとありがたいのですが...。

9月20日には、天皇皇后両陛下がいらっしゃるようですね。
nice!(0)  コメント(0) 

天皇皇后両陛下が御参拝、日高の高麗神社(2017年) [埼玉 日高]

2017年9月20日、天皇皇后両陛下が高麗神社を御参拝されたとの事です。
両陛下、見頃のマンジュシャゲご鑑賞 埼玉・日高市
天皇、皇后両陛下は20日、私的旅行で埼玉県日高市の巾着田曼珠沙華(まんじゅしゃげ)公園を訪れ、見頃を迎えて真っ赤に咲き誇った約500万本のマンジュシャゲ(ヒガンバナ)を鑑賞された。
 私的旅行では四季折々の自然を楽しまれるのが恒例。両陛下は身体を寄せ合い、遊歩道を約20分間散策し、天皇陛下は「今の時期がいいんでしょうね」、皇后さまは「美しいですね」と笑顔で話されていた。
 これに先立ち、7世紀に滅亡した朝鮮半島の高句麗から同市を中心とした地域に移住した渡来人ゆかりの高麗神社も参拝された。
 今回の旅行は1泊2日の日程で同県内にご滞在。21日は深谷市で同市出身の実業家、渋沢栄一の記念館などを見て回られる。

産経ニュース 2017.09.20 (http://www.sankei.com/life/news/170920/lif1709200050-n1.html)より
上の記事を読んでも、巾着田ではなくて高麗神社への参拝がメインであることが分かりますね。

この高麗神社については、以前も紹介しましたので一部重複するのは御容赦下さい。
2016年は滅亡した高句麗からの移民(難民)がこの地に住んでちょうど1,300年となりました。高句麗からの移民(難民)たちは、関東の駿河(静岡県)、甲斐(山梨県)、相模(神奈川県)、上総・下総(千葉県)、常陸(茨城県)、下野(栃木県)の7カ国に住んでいたそうですが、716年に武蔵国に移されたとのことです。

その当時の日本と言えば、710年に奈良の平城京に遷都して奈良時代が始まった頃です。高句麗は、今の北朝鮮から南満州辺りまでの地域ですので、その頃から日本と朝鮮半島の繋がりは強かったのですね。

国連でトランプ大統領が北朝鮮を攻(口)撃しているときに、陛下が高麗神社を初めて参拝される意味は深いと思います。
常に日本国と日本人民の事をお考えになっていらっしゃる天皇陛下ですので、今回のこの時期のご参拝もさまざまなお考えがあっての事だと思います。

その高麗神社の由来を紹介します。
<高麗神社>
高麗神社は、高句麗国の王族高麗王若光を祀る社である。
高句麗人は中国大陸の松花江流域に住んだ騎馬民族で、朝鮮半島に進出して中国大陸東北部から朝鮮半島の北部を領有し、約700年君臨していた。その後、唐と新羅の連合軍の攻撃にあい668年に滅亡した。この時の乱を逃れた高句麗国の貴族や僧侶などが多数日本に渡り、主に東国に住んだが霊亀2年(716年)そのうちの1,799人が武蔵国にうつされ、新しく高麗群が設置された。
高麗王若光は、高麗郡の郡司に任命され、武蔵野の開発に尽くし、再び故国の土を踏むことなくこの地で没した。郡民はその遺徳をしのび、霊を祀って高麗明神とあがめ、以来現在に至るまで高麗王若光の直系によって社が護られており、今でも多勢の参拝者が訪れている。(日高市)

高麗神社の入り口です。
DSCF3949.JPG
一の鳥居です。
DSCF3948.JPG
これは二の鳥居です。
DSCF3955.JPG
手水舎の龍です。
DSCF3958.JPG
この龍頭は、極真会館の大山倍達氏が寄贈したものだそうです。
DSCF3957.JPG
参道です。
DSCF3965.JPG
祓所です。
DSCF3977.JPG
御神門です。
DSCF3971.JPG
御神門には「高句麗神社」と小さく「句」が入れられています。明治時代に朝鮮王朝の貴族が書いたそうですが、のちの高麗と区別するために高句麗としたそうです。
DSCF3972.JPG
御本殿です。
DSCF6130.JPG
高句麗の文化だそうです。ずっと後の李朝時代にも染色技術が無かったそうですが、こんな鮮やかな色の着物があったのでしょうか?
DSCF6134.JPG
出世明神の由来
(前略)近代に入り水野連太郎氏・若槻禮次郎氏・浜口雄幸氏・斎藤実氏・鳩山一郎氏等の著名な政治家が参拝し、その後相次いで総理大臣に就任したことから、出世開運の神として信仰されるようになった。(後略)
DSCF6119.JPG
若槻禮次郎氏の献木の碑です。以前は木製でしたが、新しくなっていますね。
DSCF3961.JPG
鳩山一郎氏の献木の碑です。こちらも新しくなっています。
DSCF3962.JPG
両側にある狛犬の迫力があります。
DSCF3966.JPG
こちらの狛犬も怖いです。(^^)
DSCF3980.JPG

































埼玉県の奥なので、皆さんあまり近くに来る機会はないと思いますが、川越や巾着田に来られる時にはぜひ来社されることをお勧めします。
【2017年9月22日 追記】
アホな事を言っている朝鮮日報という新聞があったので紹介しておきます。 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/21/2017092101252.html(イ・ドンフィ特派員)
「今回の訪問をきっかけに、韓国についてよく知らなかった一般の人々も関心を持つようになるだろう」
「高句麗人をまつった神社を訪れた意味をいろいろと考えてみたが、『近い国・韓国とはやはり共に行くべきだ』という意味ではないかと思った」
これらは記事中に、取材した人の発言として紹介されていますが、記者のお眼鏡に適った意見でしょうから、これが朝鮮日報の意見なのだと思います。

韓国人は何を考えているのでしょうか? 今の韓国(唐の属国の新羅)が唐と組んで高句麗を滅ぼしたのですよ! 新羅に滅ぼされたから高句麗の難民達が日本にやって来てこの地に住んだのです。それがどうして「日本は韓国と歩むべきだ」となるのでしょうか? 今回の天皇の高麗神社御訪問に韓国はまったく関係ありません。変なこじつけは止めて欲しいものです。

日本人は、36年間の併合で、謝罪だの賠償だのと未だに言われ続けています。当の韓国人は、1,300年前に高句麗という国を滅ぼした事をきちんと今の北朝鮮や満洲の人たちに謝罪して賠償したのでしょうか? 私は普通の人にはこんな事は言いませんが、何せ「加害者と被害者の立場は千年経っても変わらない」と大統領が発言する国ですからね。それとも、「1,000年では変わらないが、1,300年だと立場が変わる」とでも反論するのでしょうか?(笑)

韓国では、唐と属国の新羅が組んで高句麗を滅ぼした事をちゃんと学校で教えているのでしょうか? 新聞には都合の良い部分だけを抜き出して書いている。まるで、日本のどこかの新聞のようですね。(^^)

近くにある巾着田の「曼珠沙華」に関しては、こちらをどうぞ。
http://simple-art-book.blog.so-net.ne.jp/2012-10-08
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -